横浜市南区 阪東橋駅徒歩1分、黄金町駅徒歩8分の相原アレルギー科・小児科

診療内容

インターネット受付 お申し込みはこちら
045-261-0737

小児科

小児科診療

相原アレルギー科・小児科クリニックでは、お子さんの発熱・咳・腹痛・下痢、アトピー性皮膚炎、喘息など、小児科に関する一般診療をおこなっております。

お子さんの病気でお悩みでしたらまずは当院にご相談ください。
また、お子さんの体調全般について、育児の不安についてなどもお気軽にご相談ください。

下記症状の場合は当院へ

  • 高熱
  • けいれん
  • せき
  • 息が苦しそう
  • 食欲が無い
  • 泣き止まない
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 血便
  • 発疹 など

お子さんのよくある疾患

症状と観察ポイントをまとめました。

風邪

子どもがよくかかる病気で最も多いのは風邪(感冒)です。
咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱といった症状が見られます。
風邪の診断でも気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、症状の経過をしっかり観察することが重要です。

腹痛

子どもが訴える痛みで多いのは腹痛です。
ただし、子どもは大人と異なり具体的な症状を訴えることができないので、他の症状がないかも観察してください。
腹痛の原因は急性胃腸炎や便秘症から重篤で緊急の対応が必要な病気まで様々です。
嘔吐や下痢など他の症状は原因特定の重要な情報になる可能性があります。受診時は症状の経過をお伝えください。

嘔吐

嘔吐は胃腸の食物を消化する能力や消化管の動き(蠕動運動)が低下して、飲食した物を胃腸が拒絶して起こる反応です。
消化管の狭窄や閉塞といった場合もあります。
また、嘔吐のときは下痢が見られるときと同様に、脱水症状にもご注意ください。

発疹

皮膚の症状は実際に目で見ないと診断がむずかしいため受診するようにして下さい。発疹がどこから出始めたのか、数がふえているのかどうか、大きさなどに変化があるのかどうかなどを観察します。熱など他の症状があるかどうかも有用な情報です。カメラや携帯の画像に残して持参してください。

  • アレルギー科
  • 食物経口免疫療法
  • 食物経口負荷試験
  • 舌下免疫療法
    • スギ花粉舌下免疫療法
    • ダニによるアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法
  • 小児科
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 視覚スクリーニング試験
  • 禁煙支援外来