横浜市南区 阪東橋駅徒歩1分、黄金町駅徒歩8分の相原アレルギー科・小児科クリニック

診療内容

インターネット受付 お申し込みはこちら
045-261-0737

ダニによるアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法

ダニを原因とするアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法について

ダニを原因とするアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法については、開始時期の制限はありません。通年で予約を受け付けています。
舌下免疫療法を希望される方は、お電話にてご連絡・ご予約をお願いします。

舌下免疫療法とは?

わが国では、平成26年10月からスギ花粉症に対する舌下免疫療法が保険適応として認められました。これまでの対症療法とは異なり、アレルゲンを少量舌下に投与して粘膜から体内に吸収させます。治療を長期間継続することで、症状を和らげていきます。
平成27年12月からはダニを原因とするアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法が保険適応となりました。

この治療についても実施医師は、講習が義務付けられており、治療が可能な医療機関は限られています。

注目されている点は、スギ花粉症の舌下免疫療法と同様です。注射による痛みがないこと、病院に毎日通う必要がないこと、副作用の頻度が低いことから比較的安全な方法として注目されています。

どのくらいの治療期間が必要ですか?

長期間(3〜5年)、継続的に毎日行う必要があります。
投与量は、初期投与(1〜7日目)と定期投与(8日目以降)で異なります。

スギ花粉舌下免疫療法とは投与方法が少し異なり、増量期はなく、2段階となっています。

どのような方法ですか?

ダニアレルゲンを含む錠剤を舌の下で1分間保持し、その後飲み込みます。
その後5分間はうがいや飲食を控えます。
初回の舌下投与は当院で実施し、それ以降は自宅で投与を継続します。
スギ花粉の舌下免疫療法との違いは液体ではなく錠剤であることと舌下の保持時間が1分間と短くなっています。

すぐに効果が出ますか?

スギ花粉の舌下免疫療法と同様です。効果はすぐには現れません。アレルゲンを少しずつ体内に取り込み、免疫を整え、体質を改善させる治療法です。そのため治療期間が長くなります。
また、この治療法がすべての患者さんに効果が出るとは言えません。また、途中で治療をやめた場合には効果は期待できません。

開始時期に注意はありますか?

スギ花粉の舌下免疫療法とは異なり、治療開始時期の制限はありません。いつでも開始可能です。

年齢は関係しますか?

現時点では、12歳以上が健康保険の対象となっています。

誰でも受けられますか?

次のような方は治療を受けられません。

  • アレルギー性鼻炎の原因がダニではない方
  • 重い気管支喘息の方

副作用はありますか?

舌下にアレルゲンを投与するために口腔内のかゆみ、唇の腫れ、喉の刺激感などの軽い副作用が出る場合があります。特に治療開始早期(1か月程度)にはその頻度が高いとされますが、その後は軽快するとされています。スギ舌下免疫療法と同様と思われます。

安全ですか?

ダニアレルゲンを用いた皮下注射による免疫療法ではアナフィラキシー反応があることが報告されています。そのため、アレルギー専門で舌下免疫療法の登録医のいる医療機関で治療することが必要です。

スギ花粉、ダニ以外はありますか?

現在、日本で舌下免疫療法が出来るアレルゲンはスギ花粉とダニだけです。今後、この治療法が広めれば、他のアレルゲンにも拡がる可能性が高まることが期待されます。

12歳以下子どもはだめでしょうか?

現在は、スギ花粉とダニに対する舌下免疫療法の健康保険による治療は12歳以上となっています。しかし、現在それ以下の年齢で臨床試験が実施されており、この年齢制限が将来的に緩和されることが期待されています。

当院で治療を希望される場合は?

  • ダニによるアレルギー性鼻炎がある
  • 免疫療法が適用される

などの診断と確認が必要です。

まずはお電話でご連絡いただき、アレルギー検査結果などから舌下免疫療法を行うかどうか決めさせていただきます。お気軽にご相談ください。

  • アレルギー科
  • 食物経口免疫療法
  • 食物経口負荷試験
  • 舌下免疫療法
    • スギ花粉舌下免疫療法
    • ダニによるアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法
  • 小児科
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 視覚スクリーニング試験
  • 禁煙支援外来